2015年7月10日金曜日

遊び心とクリエイティビティ


最近、近所の中学生男子がおもしろい遊びをしています。
片手に持っているのは野球のグローブなんだけど、それでテニスをしているの。
グローブをラケットがわりにしてテニスボールを打ち合っているんですね。

大体同じ時間帯に同じ場所でやっているのでよく出くわすんですけど、
私、彼らを見るたびニヤニヤしちゃって。
なんかアホな事やってるなぁ(笑)みたいな感じで、彼らにはちょっと失礼なのですが。

しかし本日。図らずも私も一瞬、乱入することができました!

テニスボールが私目掛けて飛んできた。

私は持っていた傘で「よしきた!バッチコイ!」とばかりに打ち返す…つもりが情けなくも空振り。
しかしこれまた図らずも、彼らからお礼の言葉をかけられてしまいました。
私の健闘を称えてくれたかのようです。
あぁ。なんと優しく紳士なのでしょうか!
(あのときはボールとれなくてごめんね。)


ちょうど自分にとってここ数日のテーマとして、
「遊び」というものがありました。

このニュアンスにも色々あって、ネジや部品のゆるみを指すのか、いわゆる娯楽やバケーションの事なのか。
それら全てであったとしても、一度にかたっぱしから「遊んで」いくことは、現実問題として正直難しい。
じゃあ自分にとっての優先順位はどのへんなのか…という疑問があって。

この出来事で不思議と納得しました。
きっと、童心にかえるような「イタズラ心」を指すのだと。

周りの友人たちの志向する「遊び」が、なんかね、こう、イメージ的には贅沢を楽しむ方向になっていて。
私も、贅沢とか上質とか大好きです。
でも…なんだか満たされないというか、物足りない。

今の私が欲しいのは、こどものような遊び心。
くだらんことに大笑いしちゃうような、そんなシンプルな事だった。

だけど、これって実は物凄くクリエイティブな事だよね。

元々みんなこどもの頃には持っていた、原点すぎるものなのに、今や逆にゼータク、みたいなこの現象!!!

ふはぁ~。ため息出ますわ~。
不覚にも笑えてきたよ…(*^_^*)

4 件のコメント:

fumi さんのコメント...

わかるw贅沢は好きだけど、売ってないものがほしいわ。鬼ごっことか、お絵描きとか、手作りすごろくとか、昼寝(遊びじゃないけどw)とかかなぁ、思いつくのは。でも、なんか特に名称がついてない、子供同士の突然始まる遊びみたいなのはあんまりやってないから、やりたいなぁ。

さこ さんのコメント...

fumiさん、
ああ~。いいねいいね。やりたくなってきちゃった!それもね、ヘタでもいいから、自分達でやりたいのよね。

オトナ意識↔こどもの遊び意識の変換がスッとできたらいいけど、それも超人的だなぁと。
(from ようこ)

fumi さんのコメント...

明日しようぜ!とか思ったけど、さこさん、これないんだったー(T T)どっかで遊ぼうぜ!「子供遊びの会」しよう。
大人意識と子供意識の変換できるの、確かに超人だね。よほど子供意識でいていい仕事とかならともかくね。

さこ さんのコメント...

ううう。。明日、ざんねん。ばっくれてそっち行きたいけど(笑)、ひとさまのお誕生日だから、やめとく( ´_ゝ`)
遊んでクリエイティブな仕事につながったら、もうね。サイコーやね!
(from ようこ)